世界の子どもたちと人々に「夢」と「希望」を与える“創発企業”となることを、目指す。

English

キャナルシティ博多にて噴水×音楽×光×映像の新感覚エンターテインメント
「ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編」の上映が決定!

2020年10月26日

キャナルシティ博多は、2016年11月より噴水×音楽×光×映像の新感覚エンターテインメント「キャナルアクアパノラマ」を導入し、2020年10月までに10作品を上演しております。

この度11月14日(土)より、キャナルアクアパノラマ第11弾として、これまでに2作品を上演した「ONE PIECE WATER SPECTACLE (ワンピースウォータースペクタクル)」シリーズの3作目、「ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編」の上演が決定いたしました。プロジェクションマッピングとワンピースのド派手なコラボレーションが三度登場いたします。


TVアニメ「ONE PIECE」で人気の主題歌を「ワノ国」風にアレンジ
今回の舞台は「ワノ国」。
建物壁面に映し出される大迫力のマッピングショーに、ワノ国で大暴れする麦わらの一味が登場します。「ワノ国」風に和楽器アレンジしたTVアニメ「ONE PIECE」の人気の主題歌数曲にのせて、麦わらの一味がリズミカルに躍動します。ド派手で美しい和の要素をふんだんに散りばめた、華やかなプロジェクションマッピングと噴水・光の共演は必見です。

 

「ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編」
【期間】:11月14日(土)~終了日未定
【時間】:時期により異なる
※11月14日(土)、15日(日)は18:00~21:00(毎時00分、30分 計7回)


<「ONE PIECE WATER SPECTACLE」シリーズとは>
1作目:2016年11月、キャナルアクアパノラマ第1弾として上演。
登場する全てのキャラクターの技(動き)に水・光・音が連動し、「ONE PIECE」の戦いの名場面を再現しました。
 2作目:2017年11月に上演。第1作とは雰囲気を変え、ファンタジーで色鮮やかな描写と、第1作では出てこなかったキャラクターも続々登場し、美しく華やかな演出となりました。

<キャナルアクアパノラマとは>
キャナルシティ博多サンプラザの「グランド ハイアット 福岡」建物壁面およびガラス面に投影する約2,500インチ相当のプロジェクション映像設備と、コンサートホール並の照明・音響設備、およびウォータースクリーンをはじめとする7種類の噴水をフル活用したアトラクションの総称です。

キャナルイルミネーション2020も開催!
また、アクアパノラマ第11弾の公開にあわせて、イルミネーションの点灯を11月14日(土)より開始し、「ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編」の上演を豪華に盛り上げます。今年は作品の世界観である「和」の要素を取り入れた空間の新設や、フォトスポットを中心とした演出で、光いっぱいの世界が館内に繰り広げられます。

【点灯日時】︓11月14日(土)〜2021年2月14日(日) 17:00〜24:00
※11月14日(土)は18:00頃より冬季イルミネーション点灯スタート

初登場!「ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編」の世界観を表現
作中に登場する、「桜吹雪の中で戦うルフィ」が約3mの巨大エア・バルーンになって登場いたします。また、人気キャラクター「チョッパー」の立像を設置し、作中のシーンを思わせる空間も演出いたします。それぞれ周辺には桜のイルミネーションやミラーボール、和傘等を設置し、作品の世界観を表現します。

【場所】ルフィ(エア・バルーン):サウスビル1Fエスカレーター吹き抜け
    チョッパー(立像):イーストビル1F


© 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション