世界の子どもたちと人々に「夢」と「希望」を与える“創発企業”となることを、目指す。

English

職種説明

演出助手

監督や演出家のイメージを映像化するため、セクション間の調整を行います。アニメ製作制作の作業量は膨大で、監督・演出家だけでは全てをチェックすることはできません。作画・動画・彩色・背景・撮影等の各セクションがスムーズに作業できるよう、演技や仕上がりのイメージなどを指示し、作品作り全体をサポートします。日々の仕事の中でアニメ製作制作や演出技法などを学び経験を積んで、将来的には監督・演出家を目指します。

アニメーター

動く映像のもととなる連続する静止画を作成します。監督や演出家が作成した絵コンテをもとに、キャラクターの動きのポイントとなる絵を描く原画と、その間の動きを1枚1枚つないでいく動画に役割が分かれます。最初は動画の経験を積み、原画へと進みます。さらに技術を磨き評価されると、絵のクオリティを管理する作画監督やキャラクターデザインを担当するようになります。

美術デザイナー

監督や演出家のイメージに沿って、アニメーション作品の舞台となる美術設定や背景画を作成します。最初は背景画から始めますが、経験を積んで将来的には美術監督を目指します。背景画は絵の具を使っての手書き作業と、Photoshop等によるデジタル着色や加工作業があります。決められた時間の中で、何枚も仕上げる作業になりますので作業スピードも重要です。

色彩設計

主にキャラクターを中心に物の色を決め、管理する仕事です。作品の雰囲気や世界観、監督のイメージなど全体のバランスを考えながら決め込んでいきます。
最初はデジタルで着色する彩色業務から始め、経験を積んで色指定の仕事へと進みます。色指定は色彩設計の決めた色味に合わせて1カットずつキャラクターの色を彩色に指示を出します。塗り上がった彩色のチェックや映像の色味のチェックを行います。その経験と技術が評価されると色彩設計を担当するようになります。

製作進行

作品の完成に向け、製作工程の管理を行います。スタッフ間の円滑な連絡や調整、素材の発注・回収など、会社の内外を問わず多くのスタッフと接するのでコ ミュニケーション能力は重要です。また、業務上運転免許が必要になります。経験を積んで製作担当(デスク)へステップアップすると、作品全体の進捗、ス タッフ編成、予算など、製作現場の全般を管理するようになります。