世界の子どもたちと人々に「夢」と「希望」を与える“創発企業”となることを、目指す。

English

「ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート VR魂の送り火」
釜山国際映画祭展示作品に選定

2018年09月28日

東映アニメーション株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:高木 勝裕)がxR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリを制作するGugenka®(株式会社シーエスレポーターズ)と、株式会社ダイナモピクチャーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:広川ひろし)と共に発表した「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ化50周年記念xRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」。

2018年10月4日~13日まで韓国の釜山で開かれる国際映画祭「釜山国際映画祭」のアジア最大のVR映画イベント「VR Cinema in BIFF」の展示作品として、「ゲゲゲの鬼太郎VR魂の送り火」が選ばれました。

「ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート VR 魂の送り火」PVご視聴はこちら: https://www.youtube.com/watch?v=-ySUG0P_M5I
釜山国際映画祭公式HP(英語): http://www.biff.kr/eng/addon/10000001/page.asp?page_num=290

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション