世界の子どもたちと人々に「夢」と「希望」を与える“創発企業”となることを、目指す。

English

2021年3月期 第1四半期決算

2020年07月30日

2021年3月期 第1四半期の連結業績(2020年4月1日~2020年6月30日) 
 当連結会計年度における売上高は、126億76百万円(前年同期比9.0%減)、利益については、営業利益は39億86百万円(同11.0%減)、経常利益は41億63百万円(同11.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は31億92百万円(同5.5%減)となりました。

 

①映像製作・販売事業
 劇場アニメ部門では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「映画プリキュアミラクルリープ」 (当初2020年3月20日公開予定)と「東映まんがまつり」(当初2020年4月24日公開予定)が公開延期となり、期初計画比では減収でしたが、当期中に公開予定の「美少女戦士セーラームーンEternal」他、一部作品の製作収入を計上したことから、前年同期比では大幅な増収となりました。
 テレビアニメ部門では、「ワンピース」、「ヒーリングっどプリキュア」、「デジモンアドベンチャー:」、「おしりたんてい」の4作品を放映しました。新型コロナウイルスへの感染対策により、新作話の納品本数が減少したため、大幅な減収となりました。
 コンテンツ部門では、劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」のブルーレイ・DVDが好調に稼働したことから、大幅な増収となりました。
 海外映像部門では、中国向け大口映像配信権の売上計上が第2四半期へ後倒しとなったものの、サウジアラビア向け劇場作品の納品に加え、「ドラゴンボール超 ブロリー」の劇場上映権販売が北米で好調に稼働したことから、大幅な増収となりました。
 その他部門では、アプリゲーム『聖闘士星矢 ギャラクシースピリッツ』のサービス終了により、大幅な減収となりました。

 この結果、映像製作・販売事業全体では、売上高は5133百万円(前年同期比16.5%増)、セグメント利益は15億9百万円(同17.5%増)と大幅な増収増益となりました。


②版権事業
 国内版権部門では、「ドラゴンボール」シリーズのゲーム化権販売が、好調だった前年同期の勢いには至らなかったことや、前年同期好調に稼働した劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」の劇場公開に向けたタイアップ・キャンペーン向け許諾の反動減等により、大幅な減収となりました。
 海外版権部門では、「スラムダンク」の中国向けアプリゲームや家庭用ゲーム『ドラゴンボールZ KAKAROT』に加え、アプリゲーム『ドラゴンボール レジェンズ』が好調に稼働したものの、前年同期好調であったアプリゲームの更新契約や新規許諾の反動減等から、若干の減収となりました。

 この結果、版権事業全体では、売上高は70億円(前年同期比14.7%減)、セグメント利益は3390百万円(同12.7%減)と大幅な減収減益となりました。


③商品販売事業 
 商品販売部門では、前年同期好調に稼働した、劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」の劇場公開に向けたタイアップ・キャンペーン向けノベルティグッズ等の販売の反動減に加え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で商品販売店舗の営業自粛を行ったこと等から、大幅な減収となりました。

 この結果、売上高は4億12百万円(前年同期比63.9%減)、セグメント損失は75百万円(前年同期は、22百万円のセグメント利益)と大幅な減収減益となりました。


④その他事業
 その他部門では、催事イベントやキャラクターショー等を展開しました。新型コロナウイルスの感染拡大によるイベント・催事の延期・中止等の影響から、大幅な減収となりました。

この結果、売上高は1億43百万円(前年同期比35.6%減)、セグメント損失は34百万円(前年同期は、9百万円のセグメント利益)と大幅な減収減益となりました。

 
 
2.2021年3月期の連結業績予想(2020年4月1日~2021年3月31日)
 
売上高
営業利益
経常利益
親会社株主に帰属する当期純利益
1株当たり
当期純利益

通期

50,000百万円

10,000百万円

10,300百万円

7,000百万円

171円17銭


 

■詳しくは決算短信等の資料をご参照ください

決算短信

■その他参考資料