世界の子どもたちと人々に「夢」と「希望」を与える“創発企業”となることを、目指す。

English

2020年3月期 第3四半期決算

2020年01月31日

2020年3月期 第3四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年12月31日) 
 当第3四半期連結累計期間における売上高は、413億93百万円(前年同期比1.0%減)、営業利益は122億35百万円(同3.3%減)、経常利益は127億40百万円(同2.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は88億90百万円(同4.2%減)となりました。

 

①映像製作・販売事業
 劇場アニメ部門では、3月に「映画プリキュアミラクルユニバース」、4月に「東映まんがまつり」、8月に劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」、10月に「映画スター☆トゥインクルプリキュア」を公開しました。劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」の大ヒットにより、前年同期と比較して大幅な増収となりました。
 テレビアニメ部門では、「ワンピース」、「スター☆トゥインクルプリキュア」、「ゲゲゲの鬼太郎」、「おしりたんてい」の4作品を放映しました。ゲーム向け音声製作や催事イベント向け映像製作が好調に稼働したことから、大幅な増収となりました。
 コンテンツ部門では、前年同期に好調であった「ワンピース」のブルーレイ・DVDの反動減等から、大幅な減収となりました。
 海外映像部門では、前年同期に計上した北米向け映像配信権販売における複数年契約の反動減等があったものの、「ドラゴンボール超ブロリー」の劇場上映権の販売が好調に稼働したことやサウジアラビア向けTVシリーズの新規納品に加え、中国向け大口映像配信権の販売本数が増加したことから、若干の増収となりました。
 その他部門では、国内での映像配信権の販売が好調に稼動したことから、大幅な増収となりました。
 この結果、映像製作・販売事業全体では、売上高は156億60百万円(前年同期比7.2%増)となりましたが、収益性の観点では前年同期並みには達せず、セグメント利益は38億49百万円(同5.8%減)と増収減益となりました。

②版権事業
 国内版権部門では、アプリゲーム『ドラゴンボールレジェンズ』や劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」の劇場公開に向けたタイアップ・販促向け許諾が好調に稼動したものの、前年同期にあった複数作品の遊技機大口契約の反動減があったことや、アプリゲーム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が好調な前年同期には及ばなかったこと等の理由から、減収となりました。
 海外版権部門では、全世界で「ドラゴンボール」シリーズの商品化権販売が好調に推移した一方、前年同期に好調であった家庭用ゲーム『ドラゴンボールファイターズ』の反動減等から、若干の減収となりました。
 この結果、版権事業全体では、売上高は217億43百万円(前年同期比3.9%減)、セグメント利益は104億91百万円(同1.2%減)と若干の減収減益となりました。

③商品販売事業 
 商品販売部門では、劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」関連のキャンペーン向けノベルティグッズや『麦わらストア』が好調であった一方、前年同期好調の『プリキュアプリティストア』の勢いが減じたことや、「ドラゴンボール超ブロリー」のタイアップ・キャンペーン関連商品販売の反動減等から、大幅な減収となりました。
 この結果、売上高は34億38百万円(前年同期比14.4%減)、セグメント利益は63百万円(同46.0%減)と減収減益となりました。

④その他事業
 その他部門では、採算性を重視した催事イベントやキャラクターショー等を展開しました。「おしりたんてい」のキャラクターショーが好調に推移した一方、前年同期に行った「ワンピース」の大型催事関連に相当するものは行わなかったことから、ほぼ横ばいとなりました。
 この結果、売上高は6億68百万円(前年同期比0.9%減)、セグメント損失は14百万円(前年同期は、41百万円のセグメント損失)と減収増益となりました。

 
 
2.2020年3月期の連結業績予想(2019年4月1日~2020年3月31日)
 
売上高
営業利益
経常利益
親会社株主に帰属する当期純利益
1株当たり
当期純利益

通期

55,000百万円

15,000百万円

15,300百万円

10,700百万円

261円58銭


 

■詳しくは決算短信等の資料をご参照ください

決算短信

■その他参考資料