世界の子どもたちと人々に「夢」と「希望」を与える“創発企業”となることを、目指す。

English

業績予想の修正に関するお知らせ

2015年07月31日

最近の業績動向を踏まえ、平成27年5月14日付「平成27年3月期 決算短信」にて発表いたしました、平成28年3月期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の業績予想について、下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。

 

 

1. 平成28年3月期 連結業績予想の修正
 
(1)第2四半期連結累計期間(平成27年4月1日~平成27年9月30日) 
(単位:百万円)
 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり
当期純利益

前回予想(A) 14,700 1,700 1,900 1,100 80円63銭
今回修正(B) 16,000 3,000 3,100 1,900 139円28銭
増減額(B-A) 1,300 1,300 1,200 800
増減率 8.8% 76.5% 63.2% 72.7%
(ご参考)前期実績
(平成26年3月期)
14,373 1,911 2,106 1,360 99円70銭
 

 

(2)通期 (平成27年4月1日~平成28年3月31日)    
(単位:百万円)
 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

1株当たり
当期純利益

前回予想(A) 27,500 3,000 3,200 1,900 139円28銭
今回修正(B) 30,000 4,200 4,300 2,700 197円92銭
増減額(B-A) 2,500 1,200 1,100 800
増減率 9.1% 40.0% 34.4% 42.1%
(ご参考)前期実績
(平成26年3月期)
30,313 3,996 3,978 2,437 178円68銭
 

 

2.修正理由

本日発表の「平成28年3月期 第1四半期決算短信」に記載の通り、国内外で「ドラゴンボール」シリーズの関連商品が当初の見込みを上回って好調に稼動したことに加え、国内で「ワンピース」のアプリゲームが堅調に推移し、第2四半期会計期間も引き続き好調に推移することが見込まれることから、第2四半期累計期間につきましては、前回予想より増収となる見込みです。利益につきましても、中国向けの映像配信権許諾をはじめとする利益率の高い海外での売上が伸びることから、前回予想を大幅に上回る見込みです。

通期につきましては、第2四半期連結累計期間の業績予想数値と、今後の弊社を取り巻く業界環境を鑑み、上記の予想となる見込みです。

以  上